コレステロールが血液中に多くなると、流れが悪くなってドロドロの血液になります。

このドロドロの血液をサラサラにする作用が乳酸菌です。

乳酸菌は、一部のコレステロールは腸管の中で乳酸菌体に吸着されて、体外に排泄されるという作用があることも知られています。

これは、乳酸菌が血中コレステロール濃度の調節に役立っているということにほかなりません。

乳酸菌体のコレステロール吸着に関する働きは、生きた乳酸菌でも加熱処理して死んでしまった乳酸菌でも、同様の効果が確認されています。



<目次>
・乳酸菌+ビフィズス菌+αで血液サラサラにを倍増

・血液をサラサラにするにはコレステロールを下げる

・血液サラサラが期待できる菌は?

・コレステロールが高いと動脈硬化のリスクがアップ




乳酸菌+ビフィズス菌+αで血液サラサラにを倍増




ビフィズス菌にもコレステロール値調整作用あり、腸内にあるコレステロールの約半分を、コプロスタノールに分解する働きがあります。

コプロスタノールは、腸で吸収されにくいため、これによってもコレステロールの吸収が妨げられ、コレステロール値の上昇を抑えてくれます。

もう一つ重要な菌がガセリ菌です。

ガゼリ菌は、血中コレステロール値が高い人が摂取すると、コレステロールを下げる作用があるといわれています。

乳酸菌+ビフィズス菌+ガゼリ菌を一度に摂取することで、血液サラサラにを倍増させてくれます。


では、乳酸菌やビフィズス菌、ガセリ菌などを摂りいれるにはどうすればいいの?

詳しく知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてください。

<< 乳酸菌+ビフィズス菌+ガセリ菌が一度に摂れる「乳酸菌革命」




血液をサラサラにするにはコレステロールを下げる




血液中の脂肪が多いと血液がドロドロしている状態で、高コレステロール血症といわれます。

コレステロールは脂質なので、そのまま血液には溶けません。

そこで、乳酸菌体が一部のコレステロールに吸着し、体外に排泄させる作用が働くのです。

コレステロール値が高い人は腸内の乳酸菌が少なく、コレステロール値の低い人は乳酸菌が多いという調査結果もあり、その関係は深いと見られている。

乳酸菌の力で腸内環境を継続的に整えるには、やはり、乳酸菌をこまめに摂取し続けることが必要です。

食生活の中で乳製品などを利用するのが定番ですが、最近ではサプリメントを利用する方も増えてきています。

サプリメントは、乳製品より乳酸菌の種類や量が何百倍も多く含まれていて、しかも、カプセルで服用するため、乳酸菌が生きて腸まで届きます。

乳製品が苦手な方や忙しい方は、一度乳酸菌のサプリメントを試してみたは如何でしょうか?




6種類のラクトバチルス菌に3大乳酸菌を配合



乳酸菌革命
「乳酸菌革命」は話題のラクトバチルス菌と3大乳酸菌を配合したパワフルなサプリメントです。乳酸菌を耐酸性カプセルでしっかりガードしているので、生きたまま腸に届いて腸内を元気にしてくれます。


【乳酸菌革命:最安値チェック】
アマゾンが3,065円+185円の配送料で合計3,250円。

楽天で価格が安い順で検索した結果が、3,066円+メール便185円で合計3,251 円でした。

そして、最安値だったのがコチラの公式オンラインサイトで2,880円+送料1 20円の合計3,000円。

更に、定期コースだと2,730円+送料無料で合計2,730円だったんです。しか も、乳酸菌配合のプーアール茶まで付いてくるんです。
 

詳しくはこちら>>



血液サラサラが期待できる菌は?




乳酸菌の持つコレステロール値調整作用についてみていきましょう。

食事から摂り入れられたコレステロールは、腸管から血液へと吸収されていきます。

そのとき、腸管に存在している乳酸菌が、コレステロールの一部を体外に排出するのです。

このように、乳酸菌はコレステロール値を調整するサポートを行なっているのです。

コレステロール値を調整することがわかっている乳酸菌は、「ラクトバチルス・ガセリ・SBT1055株」、「ラクトコッカス・ラクティス・亜種クレモリス・GCLI-76株」、「ラクトコッカス・ラクティス・亜種クレモリス・FC株」などです。

生活習慣の改善とともに、乳酸菌の力を借りてコレステロール値を正常に保ちましょう。




一日に7種類の乳酸菌が一気にとれる「乳酸菌革命」
腸内環境を改善し腸内フローラを整えるために重要なラブレ菌、ビフィズス菌、ガセリ菌 をたっぷり配合しています。耐酸性カプセルなので腸に生きた乳酸菌がしっかりと届く…  もっと詳しく知りたい方は…





コレステロールが高いと動脈硬化のリスクがアップ




コレステロールというと、動脈硬化やヽ心筋梗塞の原因となる「悪い物質」というイメージを持っている人が多いかもしれません。

しかし、コレステロールは、ヒトの体にとってなくてはならない大切なもの。

ホルモンを構成したり、脂肪やビタミンの吸収を助ける胆汁酸のもととなったりしています。

そのため、少なければいいというわけではありません。

問題なのは、余分なコレステロールを血管内に蓄積させて動脈硬化を引き起こす悪玉コレステロール。

この悪玉コレステロールの値が高すぎるとリスクになるのです。

コレステロールの値を正常に保つには、運動不足の解消や食生活の見直しが必要です。

また、乳酸菌やビフィズス菌をはじめとする善玉菌にも、それをサポートする働きがあるといわれています。

このページの先頭へ